FC2ブログ

●○●日本綜合地所マンションの理不尽な開発から片瀬山5丁目と片瀬2丁目の山を守れ!●○●

自然を守る為、野鳥、タヌキの親子の住処を守りたい。2007年12月に当ブログは開設されました。そして、2008年2月8日現在、開発中止となりました。

自然破壊の度合いが良く判る写真です。

henka2.jpg

呆れてしまう程の環境破壊です。

テーマ:日本綜合地所マンション紛争問題 - ジャンル:その他

コメント

海松台の住環境を守る会

http://kaishodai.hp.infoseek.co.jp/kako.html
http://kataseyamagreen.blog51.fc2.com/?no=5#comment46

「ヘビ玉道路」とは?
●建物の前の道路が狭いときに、建物の前だけ敷地を下げて道路幅を広げること。
狭い道路をヘビに見立てて、建物の前だけ幅が広くなっているのをヘビが玉子を飲み込んだようであることで「ヘビ玉道路」といいます。

●規模の大きい共同住宅での緊急時、特に火災の時には多数の消防車、救急車などが一時的に集中します。同時に多数の人が急いで避難しなければなりません。
従って、緊急車両の円滑な通行と安全な避難のために、片側一車線、つまり最低でも6メートルの道路幅が必要となります。
また、大型の「はしご車」が角に曲がるのにも6メートルの幅が必要です。
(道路の角を隅切りしていない場合)
このため、この道路は6メートルの幅で続いている必要があります。
従って、建物の前だけが6メートル幅では意味がありません。
この状態で緊急事態が発生した場合を考えると、混乱が起こることは自明のことと思います。

●以上の理由で、多くの自治体では「ヘビ玉道路の原則禁止」を条例に規定しています。
平成17年8月、東京都中野区ではこの「ヘビ玉道路」であることを理由に、中野区の建築審査会が建築確認取り消しの裁決を出しています。

  • 2008/01/18(金) 09:52:12 |
  • URL |
  • へび玉道路 #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する