FC2ブログ

●○●日本綜合地所マンションの理不尽な開発から片瀬山5丁目と片瀬2丁目の山を守れ!●○●

自然を守る為、野鳥、タヌキの親子の住処を守りたい。2007年12月に当ブログは開設されました。そして、2008年2月8日現在、開発中止となりました。

都内でも住宅地に高層マンションは良くないですね。ネット署名も募集中!

富ヶ谷・上原の環境を守る会ホームページ

東京都渋谷区は閑静な住宅地が残り少ないですがあります。
高層マンションは、貴重な住宅地には絶対に要らないですね。

テーマ:日本綜合地所マンション紛争問題 - ジャンル:その他

コメント

刀根山の自然と生活環境を守ろう!

http://sulume.blog34.fc2.com/blog-date-20080208.html

「この森を壊して、マンションを建設するのはおかしい」。私たちの素朴で当たり前の疑問から運動はスタートしました。1995年11月のことです。あの阪神大震災の年、この里山に最初のピンチが訪れました。土地所有者の地元大地主が、共同住宅建設を計画したのです。でも、私たちの反対運動で断念。ホッとしていたのですが・・・。とうとう、土地所有者は里山をクボタメゾンに売却、新たな「里山破壊、開発計画」が明らかになったのです。貴重なヒメボタルはタヌキやキツネ、野鳥たちは・・・。保水力がなくなり、千里園への水害が心配です。

  • 2008/02/08(金) 22:09:20 |
  • URL |
  • たぬきの危機 #
  • [ 編集 ]

千現1丁目の住環境を守る会

http://blogs.yahoo.co.jp/greentown1030/16728702.html

◇反対派「住民の勝利」 今後は規制対象6階以下に縮小
 つくば市が2007年3月20日から一部の住宅地で建築物の高さを18メートルに規制する前に、マンション建設に踏み切る「駆け込み工事」が相次いでいる中、同市千現1に14階建て(高さ43メートル)のマンション建設を計画していた事業者が、反対住民で作る「千現1丁目の住環境を守る会」に、着工の断念を伝えていたことが分かった。今後は同市の「高度地区指定」を受けるため、事業者は高さを6階以下に縮小されるという。
 同会は2006年9月に計画を知り、建設反対を表明。また、同年12月には、予定地の解体作業日に、幅2.16メートル以上の車は地区内の道路を通行できない道路法を根拠に、トラックの搬入を阻止するなど、法律を駆使して、計画の縮小を求める運動を展開していた。
 計画撤回の理由について事業者側は「県の景観形成条例で定めている申請を規定の30日前にしていなかった。また、高度地区の施行もあり、住民の法令順守を求める声を守った」と話していたという。
 マンション問題に詳しい法政大法学部の五十嵐敬喜教授は「駆け込み工事は、事業者が強行するのがほとんどで、行政と市民の意欲が勝った結果。こういった例は珍しく、新しいルールになるのでは」と話している。

  • 2008/03/09(日) 10:13:34 |
  • URL |
  • 条例によるマンション建設断念事例 #
  • [ 編集 ]

「タヌキの森」に建築、違法 新宿区が逆転敗訴――東京高裁判決

◇完成間近のマンション

タヌキもすむ東京都新宿区の住宅跡地へのマンション建設に反対する周辺住民が起こした行政訴訟で、東京高裁(大坪丘裁判長)は14日、住民側の請求を認めて新宿区の建築確認を取り消す逆転判決を言い渡した。マンションは今春完成予定。住民側代理人によると、工事が進んだ建物の建築確認を取り消す判決は珍しいという。

問題となったのは、同区下落合4に建設中の3階建て30戸の低層マンション。敷地の周りはがけ状になっており、長さ約34メートル、最小幅4メートルの空き地だけで外の道路に通じるが、災害時の避難のために建物敷地が接する道路の幅を定めた都条例では、幅8メートルの通路が必要とされていた。

区側は、中庭の設置などを根拠に安全上支障がなく、条例の例外規定にあたると主張していた。しかし、大坪裁判長は「幅8メートルの通路がある場合と同程度の安全はなく、例外を認める根拠はない」と結論付けた。

周辺住民は樹齢200年の古木がある「タヌキの森」の保存を求め、公園用地として買収するように区に要望。しかし、区は土地を買収できず、06年に工事が始まっていた。

毎日新聞 2009年1月15日 東京朝刊

  • 2009/01/16(金) 23:00:05 |
  • URL |
  • 新宿のたぬき #
  • [ 編集 ]

明和地所が工事廃止届け 富ヶ谷マンション建設

http://shibuyaopen.blog17.fc2.com/?no=307

本件は、地元住民の反対運動を、渋谷区内外の建築反対運動の経験者が支援して、開発計画を中止まで追い込んだ。環境と景観を破壊する無謀な建築計画を全面撤回させた、住民の勝利といえる。

  • 2009/04/08(水) 11:35:39 |
  • URL |
  • クリオ富ヶ谷計画 #
  • [ 編集 ]

おめでとうございます

富ヶ谷マンション反対には都内の友人が署名していたので、
中止になってとても嬉しいです。
都内に数少ない空と緑が見える場所は大切にしていかないといけませんよね。

  • 2009/04/08(水) 11:41:26 |
  • URL |
  • するめ管理人 #
  • [ 編集 ]

「浅草寺マンション問題」はマンション問題の縮図!

http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/?no=173

浅草寺は「都市開発に関する制度の乱用で、大規模建築が無計画に行われれば街のたたずまいの急激な変質を招き、寺の荘厳さも損なわれ、東京のまちづくりや観光にも悪影響を及ぼす」とのコメントを発表した。

訴状によると、マンション建設は藤和不動産(東京)が計画し、施工はフジタ(同)。今月、浅草寺から西に数百メートルの台東区西浅草3丁目で着工した。地上37階建て、高さ約133メートルで2012年完成予定。

  • 2009/07/23(木) 08:01:55 |
  • URL |
  • 浅草寺が高層マンションで都提訴 #
  • [ 編集 ]

東京都開発審査会への提訴の記録

http://mejirozaka.com/devshin.htm

都市計画法第33条第1項第2号違反
計画物件の低層棟が接道する区道3号線(一般名称は目白坂または目白旧坂)は、一部一方通行路で、椿山荘へ上っていく通行人を、タクシーなどがかき分けるように上がっていく狭い道です。週末には周辺の寺社仏閣への参詣者、椿山荘の利用客、野間記念館や永青文庫、和敬塾などへの観光客で込み合っています。計画物件の接道部付近でゆるいカーブを描き、見通しが悪いため、小さい子供をつれた親子連れなどは、ぎゅっと子供の手を握ってクルマをやりすごすような狭い道路です。この開発以前に交通状況が飽和状態であることは明らかです。

都市計画法第33条第1項第9号違反
本開発計画は全樹木の伐採を前提とし、樹木伐根後の地質安定についてなんら対策を講じておらず、また、開発業者に対し指導されていません。樹木の成長には時間がかかり、関口の街並みが長い歴史をかけて緑深い土地を築いてきた歴史環境について、文京区には深く勘案して本開発申請の審査がされなければなりません。

  • 2009/09/30(水) 20:12:10 |
  • URL |
  • 文京目白坂計画の反対運動 #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する